クレンジングと洗顔の違い|どっちが先?スチーマーやお風呂での効果的な順番

しおんのアイコン画像しおん

クレンジングと洗顔の違いって何だろう?
クレンジングと洗顔はどっちが先か?

お風呂と同時で洗う場合やスチーマーを使う場合は、どのタイミングで洗ったら効果的なのか?

クレンジングと洗顔の違いと、効果的に洗う順番をあらためて基本から確認したいと思います。

本記事では『クレンジングと洗顔の違い|どっちが先?スチーマーやお風呂での効果的な順番』について書きます。

毎日しっかりと汚れを落として美肌を維持しましょう!

目次

クレンジングと洗顔の違いは役割

クレンジングと洗顔の違いは、汚れ落としの役割が違う

クレンジング

油性のメイクを落とすため

洗顔

  • メイクを落とした後の毛穴の奥に残る、落としきれない皮脂や古い角質を落とすため
  • ホコリや汗などを落とすため

汚れの質が違うので、目的にあった方法で落とす必要があります。

どうしてもW洗顔は肌を傷めやすいので、しっかりと汚れを落としつつ肌に優しい成分のクレンジングと洗顔選びが大切です。

お風呂やスチーマーではどっちが先?効果的な順番

通常でのクレンジングと洗顔どっちが先か?というと

メイクをされている人は、①先に油性のメイクを落とす次に②洗顔料で落とすのが正しい順番。

最初から洗顔料で落ちるメイクをしている人は、洗顔料のみでOK!

しおんのアイコン画像しおん

お風呂やスチーマーで、私がいつもやっている効果的な順番

お風呂での順番

  1. 顔も手も濡れていない状態で、クレンジングでメイクを落とす
  2. 軽く体を洗って入浴
  3. シャンプー・トリートメント
  4. トリートメントをしながら体を洗って流す
  5. もう一度入浴
  6. 毛穴が開いた状態で最後に洗顔
  7. お風呂上りに保湿ケア

スチーマーでの順番

  1. ポイントメイクを先に落としておく
  2. スチーマーをあてて肌を温める
  3. ティッシュで水分をふき取ってからクレンジングを顔にのばし、再度スチーマー(2~3分)をあてながら馴染ませ、洗い流す
  4. 洗顔をする
  5. 乾燥しやすいので、すぐに保湿ケアをする

スチーマーをあてながらクレンジングをすると、毛穴の奥までよく汚れが落ちますが、クレンジング剤が入りすぎるという声もあるので私は2~3分でささっと、使う頻度は週1で使っています。

クレンジングとは

油性のメイクを落とすのが目的

通常メイクは油性で作られいているので、洗顔では落とすことができません。(洗顔で落とせるメイクは除外)

しっかりとその日のうちにメイクを落として、肌を開放させてあげましょう。

メイクを残ったままにしておくと、毛穴の皮脂汚れを落とせないため、皮脂や角質がつまる毛穴の大敵『角栓』ができあがり毛穴の黒ずみとなってしまうのです。

しおんのアイコン画像しおん

角栓だけは避けたい

正しい洗顔はとても大切です。

クレンジングのやり方・方法

  • 手が濡れていてもOKというタイプでも、経験上クレンジン力が落ちるので、手と肌はできるだけ水にぬらさずに使う
  • 使用量通りの分量を守る。適量と書いてある場合は2~3プッシュ、ジェルなどはさくらんぼ大で様子をみて使う。

基本のクレンジング方法

  1. アイメイクをしている人は、先にアイリムーバーでポイントメイクを落とす
  2. 種類にもよるが、基本手に取ったら人肌に温めて馴染ませてから使う
  3. 手のひらや指で優しくクルクルと動かしてメイクとクレンジングを馴染ませる
  4. 汚れが浮いてきたら水分を追加して乳化させる
  5. ぬるま湯で洗い流す

クレンジングの役割は、メイクを落とすことが目的なので、クレンジングの後には肌の汚れが落とせる洗顔をします。

洗顔とは

クレンジング後の落としきれない皮脂や古い角質と、ホコリや汗を落とすのが目的

汚れを落としすぎる洗顔料を選ぶと、必要な保湿成分や皮脂膜まで流れてしまうため、特に乾燥する季節には落とし過ぎないことが大切。

しおんのアイコン画像しおん

落とせないと駄目、落としすぎても駄目

洗い上がりに肌がつっぱらない、保湿力の高い洗顔料を選ぶのが大切。

洗顔のやり方・方法Q&A

洗顔のやり方が間違っていると、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるので、基本の洗い方をマスターしよう。

洗顔の泡だては必要?

肌との摩擦によって肌トラブルの原因になるので、さける為に泡を使って優しく洗う。

しおんのアイコン画像しおん

ゴシゴシこすると肌の負担になる

洗顔時は水かお湯か?

30℃前後の熱すぎず冷たすぎずの、ぬるま湯がベスト。

洗顔料をシャワーで洗い流してもいいか?

駄目です!水圧が高いと角質が流れて肌を傷めてしまいます。

保湿成分も流れるので肌に良いことありません

石鹸は肌に優しい?

お肌は弱酸性です。

石鹸はアルカリ性のため洗浄力が強め、皮脂を落とし過ぎてしまいます。

時間をかけて洗った方が汚れが落ちる?

駄目です!洗顔料は長時間かけて洗うと、必要な皮脂まで落としてしまいうので乾燥の原因になります。馴染んだらすぐに洗い流そう。

洗うときの順番

  1. おでこ
  2. 下あご
  3. 口元
  4. 目元

ニキビや吹き出物が出やすい、皮膚の厚いところから洗うのがポイント!

すすぎは、ぬるま湯で15~20回が目安で優しく流す

洗顔後は、清潔なタオルで肌の水滴をポンポンと優しく押さえる程度でOK

洗った後もゴシゴシふいちゃうと、肌を傷めてしまうからNG

クレンジングと洗顔の違い|どっちが先?スチーマーやお風呂での効果的な順番まとめ

本記事では『クレンジングと洗顔の違い|どっちが先?スチーマーやお風呂での効果的な順番』について書きました。

クレンジングと洗顔の違いは?

汚れを落とす役割が違う。

クレンジング

油性のメイクを落とすため

洗顔

  • メイクを落とした後の毛穴の奥に残る、落としきれない皮脂や古い角質を落とすため
  • ホコリや汗などを落とすため

お風呂とスチーマーの場合、どっちが先か?というと

お風呂での順番

最初にクレンジング→シャンプー体→最後に洗顔

スチーマーでの順番

ポイントメイク落とし→スチーマーしながらクレンジング→洗顔

でした。

基本の洗顔をマスターして5年も10年後も美肌を目指そう!

乾燥する季節になってきたので、最近お気に入りのクレンジングクリームのレビューです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

thirteen − one =

目次
閉じる